腰椎すべり症の症状を緩和する体操は、ストレッチを基本として考えていいでしょう。 腰回りから足にかけての筋肉が張り詰めて緊張やっていると、どんどん症状が悪化してしまいますから、仕事の合間などにもちょっとしたストレッチをして、筋肉をほぐすことを心がけてください。 ストレッチ(無理に行ったり、間違ったやり方で行うと、逆に筋肉や腱を痛めてしまうこともあるでしょう)は腰椎すべり症の予防や症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の軽減などに効果的です。 寝転がって、或は、椅子に座ったままでもできるストレッチが色々ありますので、継続して毎日行うようにして下さい。 特に痛みがまだ軽いうちは、ストレッチと並行して腰痛体操(オリンピック選手の男子の衣装が微妙だと思うのは私だけでしょうか)や腹筋や背筋の筋力のトレーニングも取り入れるといいでしょう。 また、サポートしてくれる人がいる場合には、ペアストレッチ(体の柔軟性を保つことで太りにくくなるといわれています)もおすすめです。 腰椎すべり症の症状を和らげる体操やストレッチは、症状がひどい時に行うとますます悪化する恐れがあります。 必ずかかりつけの医師に相談してから行い、くれぐれも無理をしないようにしてください。 痛みがひどい時には安静にして、痛みが少ない時にはできる範囲内でストレッチなどを行うことで、腰椎すべり症の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を和らげていけるでしょうー